妊娠線は予防できる!~マタニティママ美容法~

笑顔

正しいケアをする

妊婦

自分自身のケアも忘れない

妊娠が発覚した時には、赤ちゃんの事を考えて栄養の摂取や生活習慣に気をつけるようになりますが、その時に忘れてしまいがちなのが自分自身のケアです。妊娠をすると、次第にお腹が大きくなっていきますが、その時には妊娠線が発生する可能性があります。妊娠線は、お腹が大きくなっていくに連れて皮膚が伸びて縦にできてしまう線のことを指します。妊娠線が出来てしまうと、その後はなかなか皮膚が元に戻らないので、生涯残ったままになる可能性もあります。しかし、この妊娠線は正しいケアをしておけば予防することも可能なのです。正しいケアをする為にも保湿に有効な成分を理解しておくのが良いでしょう。

成分を知ろう

妊娠線を予防する為にも保湿に有効的な成分を知っておくのが良いでしょう。保湿に効果的な成分としては、まずシラノールがあります。この成分は肌の内部にあるコラーゲンに働きかけてくれるので、使うことで肌のハリをキープすることができます。加えて、保湿成分として代表的なヒアルロン酸やコラーゲン入りのクリームやオイルは使っておいた方が良いでしょう。妊娠線を防ぐ為の最大のポイントはなんと言っても保湿なので、こうした保湿成分は欠かせないと言えます。他にも、プラセンタやビタミンは重要な成分となっています。妊娠線は特に大きくなるお腹にできてしまうので、お腹はしっかり保湿ケアをしてあげるのが良いでしょう。油断すると、数十本もの妊娠線ができてしまう可能性があるので注意が必要です。

妊娠が発覚したら始める

お腹

妊娠線を予防する為にも、できるだけ妊娠が発覚した初期の段階で保湿ケアを始めておくことが大切です。保湿クリームなどを利用したケアは風呂あがりにマッサージをしながら行なうと効果的です。

Read More...

気になる線を消す方法

美容クリーム

妊娠線は出来たら一生涯体に残ってしまうため、こまめにクリームを塗って妊娠線を予防改善する必要があります。クリームを利用する事で血行不順の改善やむくみ解消にも繋がるため、有効であると妊婦に人気があります。

Read More...

保湿することから始める

お腹

妊娠線を防ぐには、保湿を徹底して皮膚への影響を減らすことが大切です。今は妊娠線予防効果の高い商品も多いので、対応することは難しくないといえます。軽い運動をして、急激な体重増加をしないことも妊娠線予防には効果的です。

Read More...