妊娠線は予防できる!~マタニティママ美容法~

女性

保湿することから始める

お腹

早めのケアが大切です

妊娠線は、妊娠したら必ずでてくるものではありません。早めに対応すれば、目立つ妊娠線ができてしまう可能性を低くできます。重要になるのが保湿です。現在は、妊娠線を予防するためのクリームなどが販売されており、できることは多いといえます。可能であれば妊娠初期から始めるとよいです。妊娠線ができてしまうのは、通常よりもお腹が大きくなりますので、皮膚の中で伸縮性が高い層は問題ありませんが、下の層になると伸びる力はありませんので切れてしまいます。これが妊娠線ができる仕組みです。一度切れてしまうと元に戻すことは不可能ですが、保湿を行い新陳代謝を上げていくことで見えにくくすることはできます。お腹以外の箇所にもできることがありますので、広い範囲をケアしておくとよいです。

個人差があります

急激に体重を増やしてしまうと、妊娠線ができやすくなってしまいます。保湿することも大切ですが、ある程度は体を動かして体重を増やしすぎないことも重要です。妊娠していますので、激しい運動をしてはいけませんが軽く歩く程度ならば行っておくことです。妊娠線ができやすい人としては、高齢の方や小柄な方などがあげられます。個人差があるとはいえ、毎日のケアを忘れてはいけません。保湿に使うものは、できるならばオイルのものが最適です。べたつくというデメリットはありますが、予防効果が高いことは知られているので安心して使うことができます。妊娠しているからといって、全く体を動かさなくていいわけではありません。保湿することと運動することを行えば、妊娠線がでるリスクは下がるといえます。